旭堂南鱗

ご紹介

なみはや講談協会会長。
昭和51(1976)年4月、三代目旭堂南陵に入門し、南幸と名乗る、その後まもなく南光と改名。
昭和63(1988)年に真打に昇進し、南鱗を襲名。相撲ファンで、相撲ネタが得意。三代目南陵師匠のネタで、最も好きなのは『善悪二筋道』と言う。旭堂南鱗という名は、江戸時代からある名跡。